ここからページが始まります。特定非営利活動法人 九州・アジア経営塾「KAIL」    
 
   
KAIL ホームに戻る  > 碧樹館プログラム > 寺子屋式リーダーシップ対話
寺子屋式リーダーシップ対話
※ご所属およびご役職は、ご登壇時のものです。
第一線で活躍する国内外のリーダーの経験談を聞くだけでなく対話をすることで、 より深く先達の哲学に触れ、自らの基軸を創りあげます。
マハティール・ビン・モハマド氏(元マレーシア首相)
マハティール・モハマド氏(前マレーシア首相)
日本はアジアのリーダーとして誇りを持って行動するべきだ。

戦後一貫して日本の経済復興と成長を見守り続けてきた知日派アジアリーダー、マハティール元マレーシア首相。自国のみならず、アジア全体の発展を模索する高い視点と強力なリーダーシップを持つ氏から塾生に寄せられた熱いメッセージ。
 
北川 正恭氏(早稲田大学大学院公共経営研究科教授/前三重県知事)
逃げずに、諦めなければ、道は開ける。

歴代5人の総理とともに、内閣官房副長官として厳しい時代における日本の舵とりに全力を尽くしてこられた古川貞二郎氏。「総理を通して、国民に奉仕する」というぶれない価値観を貫かれ、常に謙虚であり続けながら霞が関の官僚組織を率いた氏から学ぶリーダーの姿勢。
 
樋口 武男氏
[大和ハウス工業梶@代表取締役会長 兼 最高経営責任者]
椎名 武雄氏
[日本アイ・ビー・エム 相談役]
夢や志をしっかり持たなければ、
人は頑張りがきかない

創業者の「理念」を受け継ぎ、大和ハウス工業を業界トップの座に導いた樋口武男氏。夢と志をベースに、熱意と誠意と創意工夫を持って10兆円企業を目指して挑戦を続ける氏が語る覚悟と人生哲学。
張  富士夫氏
[トヨタ自動車 取締役会長]
人を大切にする「育てる文化」こそが、トヨタの基本だ。

日本を代表する企業から、いまや世界の自動車産業を牽引する企業へと成長を続けるトヨタ自動車を率いた張富士夫氏。トヨタの強さの秘訣は、サプライヤーも一体化して「育てる」文化によるものだということを実感し納得させられた貴重な時間。
 
 
中村 哲氏(医師/ペシャワール会 現地代表)
誰も行きたがらない所に行き、誰もやりたがらないことをする。

アフガニスタンの復興に向けて、従来の医療活動に加え、干ばつに苦しむ村々の水源確保のために用水路建設に取り組む中村哲氏。現地の人々が本当に望む支援を考え実行する氏の生き方から考える、リーダーシップの在り方。
 
 
     
このページが終了しました